2012年06月17日

横須賀ブラジャー

120616_2158~010001.jpg
タイラップを飲み込んだリアルバンドは、すっかり良くなった様子で、
普通に餌を食べれるようになりました!

ご心配をおかけし、お騒がせしましてすいませんでした
m(_ _)m


さて、最近ベアタンクに戻して、結構それが新鮮で、
良く水槽眺めながら晩酌してるんですが、
先日、テレビで見たんですけど、
今、横須賀のドブ板辺りの飲み屋では『横須賀ブラジャー』という飲み物が一押しなそうなんです。

クラッシュアイスを入れたグラスに、ブランデーとジンジャーエールで『横須賀ブラジャー』(笑)

手持ちのお酒で早速試してみましたが、
ブランデーとジンジャーエールの香りがマッチして、
どちらかと言うとブランデーが苦手な自分でも飲みやすく感じました。
『ザ・スナック』的なお酒ですね(笑)

結構甘めなので、甘いのが苦手な方は、なるべくドライなジンジャーを使うか、
更にソーダで割っても良いかも知れません。

是非横須賀の雰囲気を味わってみて下さい(笑)

今度ドブ板辺りも開拓してみようかな〜?
posted by 飼育係 at 22:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

大混泳に向けて…

120609_2236~020001.jpg120609_2236~010001.jpg
レイアウト撤去のどさくさに紛れて、
育成中だった魚達の中から大きめの個体達をダトニオと混泳させてみました。

大きめと言っても、ダトニオとは大分体格差があるので心配だったんですが、
どうやら大丈夫なようです。

でも、たまに思いっきりどつかれてウロコ飛ばしたりしてますが…汗

夏には全ての魚を混泳出来そうです。
posted by 飼育係 at 16:24| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

やむ無く撤去

120609_2236~020001.jpg
先日の、タイラップ飲み込み事件より前の話になりますが、
製作途中だったレイアウトを全て撤去しました。

理由は、水槽内で蚊が大量発生した為です。


どこから入ったのか、最初は2〜3匹だったので気にも留めず、見つけたら殺してたんですが、
ある日、水槽を見たら、数十匹の蚊がうごめいていて、
びっくりして良く見ると、水面付近に卵が産み付けられており、それが孵化して一気に増殖していたようです。


それ以来、毎日成虫を退治して、卵を見付けたら取り除いてたんですが、
底砂に幼虫が潜んでいるようで、
夜キレイに掃除しても、朝にはまた数十匹孵化している状態で、
とうとう根負けしてベアタンクに戻した次第です…

お陰でそれ以来、蚊は発生してません。


でも、不思議な事に、水槽で繁殖した蚊は刺さないんですよ。

調べてみると、ユスリカらしく、
いわゆる赤虫の成虫です。
我が家で赤虫を自家繁殖していた事になりますw


まぁ久しぶりにベアタンクも良いかな。

でも、また飽きると思うので、蚊が繁殖しない方法でレイアウトを考えます。
posted by 飼育係 at 18:11| Comment(2) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

取れました!

120612_2051~01.jpg120612_2059~02.jpg
タイラップ飲み込み事件から数日…

弱っている様子はありませんが、やはり餌を食べれないようなので、
動物病院で診てもらおうと、ネットで探したら、
良さそうな動物病院を発見!

その動物病院は厚木にあり、自宅から車で二時間位かかるんですが、
普通の動物病院では診てくれない動物でも診てくれるとの事で、

レッドテールキャットが飲み込んでしまったストレーナーを、口から手を突っ込んで取った事もあると言う頼もしい病院です(笑)

早速、電話で予約しました。

で、ついさっき、水槽を眺めてたんですが、
「もう一回だけ自分でやってみよう」と思い立ち、
ブロ友さん達にアドバイス頂いた事も頭に入れながら、気合いを入れて取り掛かりました。

気合いを入れた割には、しっかり軍手を着用…w

前回より思い切って指で口を大きく開けてみようとしたんですが、
意外とアゴが固く、なかなか開きません…汗

すでに折れそうな心を必死に奮い立たせながら、今度はピンセットを突っ込んで開けてみるとアクビの状態になって喉の奥が見えそうです。

すかさず懐中電灯で照らしてみると…

ありました!


喉の奥で黒い物体が食道を塞いでいます。

こりゃ餌を食べれない訳だ…

そうこうしてる内に口を閉じそうになったので、
思い切ってピンセットで引っ張ってみました。

エラを傷付けないように慎重に…


すると取れました!

やっぱり、4センチ位のタイラップでした。

しかも曲がっていて、結束部分の突起も付いています。

無理してエラ側から引っ張らなくて本当に良かった…汗


多分、前に付けてた自作セパレーターを外した時に水槽内に残してしまったんだと思います。

今回こんな事になってしまって本当に反省しています。


多分もう大丈夫だと思いますが、しっかり餌を食べるまでは気が抜けませんね。

でもとにかく異物が取れたので一安心です。

今回は本当にお騒がせしましたm(_ _)m

心配して下さった方々や、アドバイス下さった方々、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

皆さんに勇気を頂いて、異物を取り除く事が出来ました!


あ、明日動物病院の予約キャンセルしなきゃ(笑)
posted by 飼育係 at 22:44| Comment(8) | ダトニオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

衝撃の事実

120609_0235~020001.jpg120609_0236~0300010001.jpg
餌をやりながら、いつものように魚達を見ていると、
最古参ダトニオのリアルバンドに何やら違和感が…

良く見てみると、エラから何か出ている。





一瞬、頭が真っ白になった。





それはなんとタイラップだった!

どうしてこんな事に!?


考えている余裕もなく、すぐさま掬い上げ、
ピンセットで抜こうと試みるが抜けない。

タイラップの切れ端を飲み込み、尖った先端がエラを貫通しているようだ。

どこかにひっかかっているのか、押しても引いても抜けない。

口を開いたり、エラをめくったりしてみるが、
どうなっているのか見えない。

時間ばかりが過ぎるので、一旦水槽に戻す。

掬われたショックからか、異物の影響か、
若干立ち泳ぎしている。

いつから刺さっていたのだろうか?
餌は食べていたのだろうか?

もし、食べれないのであれば、
異物を取り除かない限り、衰弱して死を待つだけだ。

もし自分が釣りとかを良くしていて、魚の扱いに慣れていれば、もっと上手く処置出来るのかも知れないが、
素人の自分には上手くやる自信が全く無い。

下手にやってエラを傷付けたら最悪だ。


どうしよう
どうしよう
どうしよう
最悪だ…
posted by 飼育係 at 03:15| Comment(0) | ダトニオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする