2016年02月20日

過保護?

1455891882119.jpg1455891891217.jpg1455891898950.jpg
キョロちゃんの糞詰まりはすっかり解消されたようで、
様子を見ながらまた少量ずつ給餌を開始しています。

相変わらず冷凍フナのMサイズにビックカーニバルを詰めて与えているのですが、
現在は与える前に「ヒレの除去」をしてから与えています。

と言うのも、冷凍フナを解凍後に、なにげなくヒレを触ってみたら、トゲみたいに意外にもめっちゃ固かったんです!

糞詰まり起こした時に、腹のマッサージをして出した糞のジャリジャリした手触りに凄く固さが似ていたので、
多分このヒレの骨?が消化出来ず詰まったのだと思ったからです。

そこで今は解凍後に、背ビレ、胸ビレ、尻ビレ、それと、一応顔部分をキッチン鋏でカットしてから与えるようにしています。

過保護と思われるかも知れませんが、
ダトニオは消化能力が低いのか、糞詰まりはネットでも良く目にしますし、
キョロちゃんの場合、人工飼料に慣れてた状態からの冷凍餌への切り替えでしたんで、
余計消化能力は低いだろうという事からの予防的な処置ですね。

何よりも自分にとって精神衛生的にとても良いのですw

ヒレなんか取らなくても、たらふく食って糞詰まりなんか起こさない個体は必要無いと思いますが、
普段は人工飼料メインで、たまにご褒美程度に冷凍餌を与える場合、
もしくは、餌として小さめの魚を一度に複数与える場合は、
「ヒレや頭の固さを確認して、固いようなら取り除いてから与える」方が糞詰まりのリスクは減らせるんじゃないか?と思います。

「じゃあ背骨は大丈夫なんかい?」というご指摘もあると思いますが、
そうなると、いちいち小さい冷凍フナを手開きして切り身にするという、なんとも地獄の様な給餌になりますし、
相当な悪臭により、家族からのクレーム必至と思われますんで、
「背骨はカルシウム」という事で勘弁して下さいw

今現在、冷凍餌を与えている方は、
ちょっとチェックしてみてはいかがでしょうか?
posted by 飼育係 at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

お別れ

1454410966464.jpg1454410976829.jpg
「お別れ」はキョロちゃんの事じゃありませんよ(笑)

糞詰まりになったキョロちゃんは、
マッサージの効果かどうか分かりませんが、
お腹もだいぶしぼみ、餌を欲しがるまでに回復しました!
まだ怖くて餌をあげれてませんが、
もう少し様子を見て給餌を開始したいと思います。
お騒がせしてすいませんでした…汗

ダトニオの糞詰まりには、お腹のマッサージが多少は有効かと思われます。
ただ、やりすぎは体表を傷めますので注意して下さいね。

さて、タイトルの「お別れ」ですが、
アルビノカイヤンをショップに引き取ってもらいました。
2010年の10月に家に来て5年ちょっと。
体長は40センチ位になってました。
小さい頃は餌取りが下手で、食も細かったんで、成長は遅かったです。

でもいよいよ見応えが出てきて気に入ってたんですが、
アルビノ故に?視力が弱いようで、
パニックを起こしやすく、
日に一回位はパニクって水槽内を暴れまわります…汗

まだ小さいうちは良かったんですが、
でかくなるにつれて破壊力も増し、
ダトニオ達にも影響が出るようになってきたので、
もう少し温かくなってからとも思ったんですが、
このタイミングでの放出となりました。

発泡と袋を用意し、捕獲を試みますが、
いつもはKYなカイヤンも、
今日は何かを察知したのか、なかなか網に近寄って来ません(笑)
時間もかけたくなかったので、ワンチャンで一気に掬い上げたんですが、
案の定大暴れ…w
シッポひと振りで床がビショビショになりました…汗
大人が浴槽で思いっきり「かめはめ波」やった位の威力はありますw

なんとか発泡に入れ込み、
携帯エアポンプ突っ込んで、
車で一時間位かけて、チェーン系の大型熱帯魚ショップに持ち込みました。

若い兄ちゃんが対応してくれたんですが、
魚を確認してすぐに店の水槽に放してしまいました…汗

いくらデカ目のナマズとは言え、
移動のストレスとか考えたら、多少は水合わせした方が良いんじゃない。。。?
とも思いましたが、入れてしまったものはしょうがない(-_-;)

なんとか耐えて、次の飼い主が早く決まる事を祈るばかりです(-人-;)

買い取り金として店員にもらった商品券でビックキャット買って帰りました。

キャット(魚)持ってって、キャット(餌)買って帰るという。。。w
くだらなくてスミマセン…汗
posted by 飼育係 at 20:43| Comment(0) | アルビノカイヤン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

学ばない飼い主

1454252741025.jpg
あ、明けましておめでとうございます…汗

2016年、一発目からトラブルネタです…滝汗

「ダトニオ何年飼っとんねん!いい加減にしろっ!」って怒られそうですが、
恥をしのんで書かせて頂きます…大汗


昨年の暮れ辺りからキョロちゃんの片目が白濁してまして、
餌食いも落ちてましたんで、栄養付けさそうと、
冷凍フナMサイズを購入してあげてたんですが、
まさかの糞詰まり。。。

過去にも失敗してるので、
与える量は気を付けてたんですが、
またやらかしてしまいました(泣)

二日位様子見てたんですが、
一向に回復の気配がないので、
見るに見かねて腹をマッサージしてみる事に。

水槽から出す勇気は無かったので、
ランディングネットで捕獲して水槽内でやる事に。

触られるのは嫌がってますが、
思ったほど暴れません。

おっかなびっくり下腹辺りをを擦ること数分。
ポロポロっと砂みたいな黒っぽい糞が少し出ました。
フナの骨とかが詰まってるのかな?

その後もちょいちょい出るんですが、思ったほどの量は出ず、
キョロちゃんのストレスも考えて、
一先ず終了しました。

開ききっていた肛門は閉じましたが、
少しヘッドアップ気味でフラフラ泳いでます。
やらない方が良かっただろか?…汗

更に暫く様子を見ていると、
また肛門全開で黒っぽい糞が見えてる。。。
多分まだまだ腹に溜まってるんでしょうね。

取り敢えず今日は終わりにして、
明日以降様子見ながら必要であればまたマッサージしてみたいと思います。

それにしても、冷凍フナって骨多いんですかね?
それとも頭落として与えた方が良いのか?
消化しやすい冷凍餌ご存知でしたら、どなたか教えて下さい。

俺ってつくずく給餌のセンス無いわ〜(泣)
キョロちゃんゴメンね(大泣)
posted by 飼育係 at 00:06| Comment(0) | ダトニオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする